• トップ /
  • 不動産経営を行うポイント

不動産経営での空室対策

不動産経営を行っていく上で、空室の存在は最大の課題であり問題といえます。利用されないとそれだけ収入が減ることになり、このため絶えず不動産経営では何らかの対策をする必要があります。不動産経営において利用者の入れ替わりそのものは自然なことですから一時的に空室になるというのは経営上仕方がないことです。またいつまでも入居してくれるというのはありえないことですし、長期間の入居も、今度は退去してもらう時に問題となるので定期的に入れ替わってくれる方が不動産経営では有利です。しかし、なんら対策をしなければ、新しい入居者が集まらず空室の状態が続き、深刻な問題になります。不動産経営において空室対策のポイントとしては不動産会社による募集を積極的に活用することです。また安易な家賃の値下げは収益を悪化させる原因になるので、家賃相場が適切であれば、敷金や礼金を下げることで入居者を増やすことができます。また賃貸物件を求める地域のニーズに合わせることも重要で、外国人が求めている場合にはそれらを積極的に受け入れることも空室を減らす対策になります。また建物が古くなるとその価値が低下します。価値を高めるために家具付き物件にすればそれだけ価値を高めることができるので入居希望者が入居を決定してくれる要因にもなります。

不動産経営の凄い情報

↑PAGE TOP