• トップ /
  • 不動産経営で空室の原因

不動産経営と修繕の問題

不動産経営で空室が出来る問題として一番の原因は経年劣化や老朽化です。築年数が経過した物件は、トイレやキッチンのシステムが古く、前に利用していた利用者の使用歴などに懸念が持たれます。不動産物件はおかしなもので、高ければ家賃負担の懸念から入居が決まり難く、安ければ安いで訳あり物件のように思われます、安い物件は入居者の質が低いとの懸念も持たれ、家賃トラブルが多いのも安い物件です。不動産経営を順調に進めるには、定期的な修繕が必要です。懸念が持たれる原因である、経年劣化は退去時にしっかりと直し、新しいシステムを搭載しておくことで空室率が下がります。とは言え、不動産経営では設備投資が大きく、時として利益を押すこともあるでしょう。不動産物件を管理会社に委託し、入居から退去までのすべての管理を任せると良いです。煩わしい交渉やトラブル解決などの問題を考えなくても良いです。時系列での修繕やシステムの変更など、計画的に行え、負担の分散が出来るでしょう。中には家賃保証システムを行う管理会社もあり、家賃回収後一定の手数料を引いて振り込みをしてくれるでしょう。低い利回りでも長期で負担が少なく不動産経営が出来、空室が出来る原因への対処もされます。

不動産経営の凄い情報

↑PAGE TOP