• トップ /
  • 不動産経営の補助金制度

不動産経営の空室対策

不動産経営の際、空室対策としてリフォームする人も多いでしょう。このリフォーム代を国が補助してくれる「セーフティーネット保証5号」という補助金制度があります。この制度の適応条件は経営悪化の業種で、賃貸業にも当てはまります。また、不動産経営の住居用賃貸物件に限り、リフォーム補助金制度の条件として、以下が挙げられます。地方自治体がセーフティネット強化に取り組んでいる・その自治体と協力できる地区内である・対象の住居用賃貸物件に一万戸以上の空室があり、3か月以上空室のままである・リフォーム補助金利用後も、賃貸住宅として不動産経営を行う・空室面積が25㎡以上である・キッチン・トイレ・風呂・洗面・収納設備の完備、となります。リフォーム工事の条件としては、耐震条件をクリアする以外に、手すり設置・段差なし・廊下などの幅拡大・エレベーター設置の4つのうちどれかを行うこと、また、窓の断熱・壁、屋根、床、天井の断熱・太陽熱システムの設置・節水型トイレの設置・高断熱浴室の設置の、5つのうちのどれかを実施することが条件になります。国としては機能性の高い、良い住まいにするのが前提なので、不動産経営者にとってはとても助かる制度です。他にも、リフォーム後の条件もあります。

不動産経営の凄い情報

↑PAGE TOP